ヨガナンダのブログ日記

日々の暮らしの中で頭に浮かんだ思いを
   ポツリポツリと・・・

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

PROFILE

CLOCK & COUNTER

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

SEARCH

OTHERS

BOOKS


Amazon Quest

GAMES


懐かしのインベーダーゲーム
マウスをクリックしてどうぞ!


ピンポンゲーム
反射神経を試してください!


Impact
ぶつかったらアウトです!


ヨガナンダのホームページ、ブログは、価格、サービスともに安心なロリポップ!を使っています。




天気予報コム

それぞれの各主要都市のお天気マークをクリックしてください。詳しい天気情報が分かります。


【イオンライト SKY★BLUE】 空気清浄ランプで電球革明を!【e-ショップ プライフ】


【イオンライト SKY★BLUE】

マイナスイオンの力でいやな臭いや煙を除去する不思議なライト!!


オイシックス
安心な野菜をまずはおためしセットで。






Mapion

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 商品無料仕入戦隊『電脳卸』

<< ピースフェスタ in ヒロシマ | main | Internet Explorer 7 >>

判断の根底

2006.11.04 Saturday

人は十人十色、
政治・宗教にはじまって食べ物の好き嫌いまで、
みなそれぞれ考え方や趣味趣向に大きな違いがあります。

しかしながら、人は誰しも
自分の考え方こそが正しいのであって、
機会があれば他人も自分の考え方に同調させたいという
思いを常に持っているものです。

絶対的に正しい考え方というものは
はたしてあるのでしょうか。

“偉大なる神”が唱えたとされる世界的宗教ですら
深くその根本を見つめてみると、
その宗教が生まれた土地の気候風土、民族性、時代背景
というものを色濃く反映し、
お互いその捉え方の違いから血を流す争いにまで
発展することがあります。

普遍的真理というものはあるにはあるでしょうが、
その多くが“今の自分たちにとって”という前提条件が
必要となってきます。

どんなものに対しても正しい考え方というものが存在し、
最終的には誰しもそのことを理解できるというのは幻想です。

立場や考え方の違う人とは
表面的な論理を話し合ってもなかなか
コンセンサス(共通認識)を得ることはできません。

「話せば分かる」とは、
5・15事件で凶弾に倒れた時の首相犬養毅の有名な言葉ですが、
たとえ何時間銃を構えた青年将校たちと話し合ったとしても、
自らの命を賭してまで行動に駆り立てた
彼らの考えを変えることはできなかったでしょう。

もちろん勝海舟を斬りに行った坂本龍馬がその考え方に敬服し、
その場で弟子入りするといったこともありますが、
これは極めて例外中の例外です。


世界中で聖書の次に多くの人に読まれている名著「人を動かす」の中の
「人を説得する法」には
 ・議論はさける
 ・誤りを指摘しない
ということが書かれています。

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版
デール カーネギー, Dale Carnegie, 山口 博

人の考え方とは、
知的に思考した論理に基づくものではなく、
生まれ育った環境、これまでの対人関係で学んだこと等
きわめて感情・感覚的に判断されることが多いものです。

ですので議論し、論理で相手をやりこめたとしても、
メンツを潰された相手はより一層感情的になり、
頑なにそれまでの考え方を死守しようとするのは当然のことです。


先日ある会合で
「被爆地広島から日本の核武装の必要性を訴えていきたい。
 それができなければ日本は民主主義ではない」
と話される男性と出会いました。

お酒の入った席で真っ赤な顔をして話される彼の体からは
一種異様なオーラが感じられ、
ちょっと近寄りがたい雰囲気でしたが、
なぜ彼がそのような考え方に至ったのか、
彼の生まれ育った環境、これまでの生き様というものに興味を覚えました。

もし彼の考え方を変えようとするならば、
彼の論理を理解するだけでは不十分です。

彼がその論理を持つに至った感情の
その根底にあるものを知ることが絶対に不可欠です。


人間の判断とはどういったところから生じているのか、
そのことを描いた名画があります。

十二人の怒れる男
十二人の怒れる男

殺人事件の判決を迫られる陪審員たちの心の動きから
一人一人の生き様を見事に描いています。

レンタルビデオでも出ていますので、
人間の思考、判断というものを知るためにも是非一度ご覧ください。


その「十二人の怒れる男」をパロディー化した日本映画です。

12人の優しい日本人
12人の優しい日本人

これもまた素晴らしい映画です。
まずは本元の「十二人の怒れる男」を見てからこちらをお楽しみください。

とにかく腹を抱えて笑いながら人間の愚かさを知ることができ、
そして人を許す気持ちが少し膨らむかもしれません。

| minnaminoru | - |