ヨガナンダのブログ日記

日々の暮らしの中で頭に浮かんだ思いを
   ポツリポツリと・・・

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

PROFILE

CLOCK & COUNTER

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

SEARCH

OTHERS

BOOKS


Amazon Quest

GAMES


懐かしのインベーダーゲーム
マウスをクリックしてどうぞ!


ピンポンゲーム
反射神経を試してください!


Impact
ぶつかったらアウトです!


ヨガナンダのホームページ、ブログは、価格、サービスともに安心なロリポップ!を使っています。




天気予報コム

それぞれの各主要都市のお天気マークをクリックしてください。詳しい天気情報が分かります。


【イオンライト SKY★BLUE】 空気清浄ランプで電球革明を!【e-ショップ プライフ】


【イオンライト SKY★BLUE】

マイナスイオンの力でいやな臭いや煙を除去する不思議なライト!!


オイシックス
安心な野菜をまずはおためしセットで。






Mapion

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 商品無料仕入戦隊『電脳卸』

<< 200回に思う | main | 映像文化への冒涜 >>

広島の未来へのメッセージ

2006.12.08 Friday

広島にはJR北側新幹線口を出てすぐのところに
広大な有休国有地があります。

この土地をただ単に民間に払い下げ、
マンション、ホテル、商業施設などが立ち並ぶ
ありふれた殺伐とした風景にするのではなく、
官が主導して国際平和文化都市広島にふさわしい
土地活用をしてもらいたいという要望を
書面にして国、広島県、広島市に対して提出してきました。

要望書提出

この写真は国の出先機関である
中国財務局に行った時のものです。

要望書を提出したのは、
二葉山を守る会の事務局長である朝ちゃんを先頭に
二葉山のふもとにある広島東照宮、饒津神社の宮司さん、
地元山根町連合町内会の町内会長さん、
そしてカメラマンである私の五人です。

地元テレビ局二社をはじめマスコミ各社が
好意的に取材をしてくれて、
とても手応えのあるお役所まわりでした。

マスコミとのインタビュー

『広島を世界にほこれるいい街にしたい』
思いはみんな一緒です。

これまでは二葉山を守る会として
小学校建設反対、トンネル建設反対と
反対運動を中心に行ってきましたが、
これからはまったく別の団体を立ち上げて、
広島をいい街にしていく提案を
積極的に行っていきたいと考えています。

まだ団体の名称等は決っていません。
すべては今日が第一歩、これからです。

ただ進むべき大筋を示すものを
たたき台として作っています。

これから広島という街の未来を
多くの心ある人たちの知恵を結集し、
いい方向へ導いていきたいと考えています。

* * * * * * * * * * *

JR新幹線口にある遊休国有地について
     「開発計画への提案」試案


JR広島駅新幹線口、二葉の里地区にある広大な遊休国有地を有効活用し、今後どのように開発を進めていけばいいのかを多くの人たちからアイデアを募り、そのアイデアを実現化できるよう運動を進めていきたいと考えています。
現在はまだアイデアを募るための前段階で、ここで示している試案は、今後の運動のためのたたき台となるものです。


●被爆都市広島の役割

世界で初めて原子爆弾が投下された広島は、世界に向けて平和のメッセージを発信する役割を担い「国際平和文化都市」と称されています。
そのために広島はどの様な都市作りをしていけばいいのでしょうか。

大きく分けてそれは三つあると考えています。

ひとつめは、被爆都市としての負の遺産を継承し、世界に向けて悲惨な戦争の実態を伝え、平和な世界を実現していくための取り組みです。
これは世界でも広島と長崎、このふたつの都市に課せられた大きな使命であるとも言えます。

ふたつめは、原爆で焼け野原になった大地から、多くの人たちの献身的な努力と知恵で奇跡的なスピードで復興をとげたその歴史を紹介することです。

今現在世界のいたるところで民族・地域紛争が繰り広げられており、住んでいた街が廃墟と化し、家族をなくし、住むべき土地や家を追われた難民が大量に生まれています。
彼らにとって一面の焼け野原から戦後数十年で近代的な大都会となった広島は、まさに復興のシンボル的存在です。

みっつめは、これから世界が、日本が持続可能な社会を築いていけるための具体的提案をすることです。
今の地球環境を考えると、これまでの資本主義的な効率重視、資源大量消費型経済システムを今後も維持・継続していくことは到底不可能です。
破壊し尽くされた地球の自然環境を元に取り戻し、人類が周りの環境とともに共生していけるような社会、経済、街作りのシステムを広島から発信していく、このことが“被爆都市”という負の平和のメッセージに対する『正の平和のメッセージ』になるものと考えます。


●広島にしかできない街作りを

上記の国際平和文化都市広島の役割を具現化する取り組みの一環として、JR新幹線口にある貴重な遊休国有地の開発をすすめいただくことを切に要望いたします。
具体的な施設については下記のようなものが考えられます。

*新代替エネルギー発電所、(マルチアーク等による)未来型ゴミ処理施設、微生物等を使った汚水処理施設、自然農法研究施設
持続可能な社会を築く第一要件は、エネルギー、食料の自給、そしてそれらを含めた狭い範囲(地域)での循環サイクル(システム)を確立することです。
そのために必要な施設を作り、提示することはきわめて意義のあることです。

*広島復興記念館
被爆実態を紹介する広島平和記念資料館に対して、その後の復興を紹介する施設です。

*どんぐり博物館
遊休地の真北にある二葉山は、世界最大のシリブカガシの自然林(約7.5ha)を有する素晴らしい山です。
この山の価値ある自然を知っていただくための施設です。

※すべての施設が上記「持続可能な社会」の理念に添い、環境、資源に配慮したものであることが望ましい。


●今後の運動の進め方について

広島には環境問題、教育問題、様々な新しい時代に向けての活動に取り組んでおられる人やグループが数多くありますが、残念ながらその横の繋がりはほとんどないのが現状です。
そこでインターネット上にそういった広島の志ある人たちを紹介し、情報交換のできるサイトを作り、その中で「より素晴らしい我が街広島を作る」運動をしていく計画です。


  12/8(金) 79.78キロ (前日比0.38キロ増)

要望書を提出する間、ココア、お茶、コーヒーをいただき、
その後ちょっとした打ち上げということで朝ちゃん邸で
お好み焼きうどんダブルを食べながらビールを飲みました。

満腹だった分だけ体重増です。
明日からもう少し気を引き締めてダイエットに取り組みます。(^^)

| minnaminoru | - |